ne d anUki

ニュースNews

2020.02.17
ヘッドケアについて

嬉しい脳波データが現れた “頭ほぐし”



スマホやパソコン作業など、今は頭部がお疲れの方が多い時代ですね。
私も画面作業をしだすと止まらなくなるので、使いすぎ要注意、の1人でもありますが(^^;)笑

当サロンのヘッドマッサージ「頭ほぐし」は、頭部の凝りや張りという物理的なお疲れや、脳のオーバーワークから起きる内面の脳疲労、の両面からお疲れをゆるめるケアです。
「セロトニン」という脳内ホルモンが分泌されて、自律神経の調整をうながすケアでもあります。

セロトニンは、神経伝達の暴走をおさえて心のバランスを整え、睡眠をうながすメラトンニンというホルモン分泌の原料にもなる「脳内ホルモン」です。
私が卒業した協会で、セロトニンの研究第一人者である東邦大学医学部名誉教授の有田秀穂先生の元、頭ほぐしの施術が脳にどんな影響を与えているのかを脳波検証しました。
その嬉しい結果の一部を、施術を受けてくださる皆さまへもご紹介させていただきます。

頭ほぐしの施術の特徴の一つに「ポンピング」という写真のような施術があります。
首をゆっくりと心地良いリズムで上下に動かし、筋肉がほぐれる前から脳の血流をうながす技術です。
「う~気持ちいい~」とご感想をおっしゃったあと眠りに落ちる方も多いのですが、今回の検証で、このポンピングを行った時にセロトニン分泌が劇的に上がるという結果が出たのです!
眠りに落ちる、には科学的な理由もあったのですね(*^^*)



*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*
東京都品川区で、筋肉を揺らしてひねる歴史ある技術・スウェディッシュボディケア(オイルマッサージ) と、ドライヘッドケア(頭ほぐし) のセラピストをしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*