ne d anUki

ニュースNews

2019.04.27
ボディケアについて

スウェディッシュマッサージとは?



◆ スウェディッシュマッサージの歴史 ◆

およそ200年前の1913年、スウェーデン国王からスウェーデン国民の健康・幸福と癒やしを目的とするマッサージ指導を指示されたスウェーデンの医師パー・ヘンリック・リンによって、スウェーデンで唯一の保険体操師・マッサージ師を養成する学校も設立され、「人の手とふれあいスキンシップを通じて誰もができるエネルギーの交流と、運動機能の向上」という考えの基にマッサージを考案。現代のオイルマッサージの源流となる「スウェーデン式マッサージ」が誕生しました。
その後、研究者達により科学的な研究が進められ、マッサージの心身に及ぼす効果が明確になっていき、1962年にはスウェーデン政府認可のセラピスト教育機関も設立。現在は世界中から生徒が集まる権威ある機関となっています。

 

◆ どんなボディケア? ◆

現在のオイルマッサージの源流といわれ、発祥した寒い国北欧スウェーデンでクラッシックマッサージと呼ばれる技術。
肌への負担を緩和する適量のオイルをしっかりと浸透させながら、全身の筋肉を穏やかに深くほぐしてゆきます。
手のひら全体を肌に密着させ、筋肉をゆったりと揺らしたりひねったりする独特な手技がより深部まで刺激を与え、筋膜リリースや筋肉の凝りをほぐし、血流やリンパの流れをうながしてゆきます。
血流がうながされ体温が上がることで、本来自身で持っている免疫力のアップや、慢性的な凝りを緩和。ホルモンバランスの調整や心のリラクゼーション効果も期待できます。
当サロンで使用するオーガニックオイルはビタミン豊富で低刺激なので、施術後はお肌もしっとり潤ぷるに。
肌を滑らすオイルマッサージよりも手のひらの圧は感じながら、点の刺激を受けないので、お身体をキュッと縮めてしまうような痛みが無いのもスウェディッシュの特徴の一つ。
優しい心地良さなのに満足感があり、その効果は1ヶ月持続するともいわれる「心身トータルケア」です。

 

◆ はるか昔に考案されたスウェディッシュが現代で力を発揮 ◆

そんな遙か昔に誕生したスウェディッシュの効果が科学の発展と共に立証され始めました。
血液やリンパ循環、ホルモンバランスの調整、愛情ホルモン「オキシトシン」や白血球のリンパ球増加、自己免疫機能の活性化、も報告されています。
自律神経である副交感神経(リラックスの神経)を優位にする施術は、体内を再生するのに大切な「眠り」もうながします。
世界で一番気持ちいいボディケアとも言われ、世界の一流ホテル、有名バレエ団、シルク・ドゥ・ソレイユ、でも認められているボディケアです。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*
東京都品川区で、筋肉をマシュマロのようにアプローチするボディケア「スウェディッシュマッサージ」と、頭皮を直接とらえるドライヘッドスパ「頭ほぐし」、のセラピストをしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*