ne d anUki

ニュースNews

2019.03.13
ヘッドケアについて

頭ほぐし(ドライヘッドスパ)とは?



水やオイルを使わずに、指の腹を使った心地良い圧で、頭皮、お顔や耳のツボ、首や肩の凝りをゆるやかなリズムで細かく丁寧にほぐしてゆきます。

心地良い穏やかなリズムと圧は、眠りへと誘います。
その「眠り」は「万能薬」と言われています。
身体の組織や細胞をさびつかせる活性酵素を消すホルモンが眠っている間に分泌され、細胞の新陳代謝が行われるのです。

◆ 頭部にも凝りやむくみが発生 ◆

お身体の凝りと同じように、頭部にも負荷がかかると凝りが発生して、血流やリンパの流れが滞ったり、それがひどくなると浮腫みも起きてしまいます。
お仕事や家事、人間関係などで考える作業が続いたり、睡眠不足が続くと、大脳が休まらず脳疲労(自律神経の乱れ)が起きたり。
パソコン作業やスマホ画面の凝視などで目の疲れが溜まり、肩こりや首周りの凝りが起きたり。
頭部はお顔まで皮膚と筋肉がつながっているので、お顔にまで凝りやむくみが起きることも。

頭部全体の凝りやむくみを丁寧に引き締めたりほぐしてゆくことで、血液やリンパの流れが促され、身体の新陳代謝を助けてくれる脳脊髄液の流れも促し、余分な物質や水分も排出されやすくなります。
お顔の血行も良くなり顔色が明るくなったり、お顔全体がスッキリする効果も。

◆ ツボの宝庫 ◆

ヘッドケアが終わった後、お客様から「頭だけじゃ無くて身体もスッキリしました!」とご感想をいただきます。
実は、頭には自立神経系やホルモンバランスを整える多くのツボがあります。
頭部をほぐすことでそれらのツボ全体が刺激され、凝りや目のお疲れをほぐすだけでなく、自律神経も整って自然治癒力を高めてくれる効果も期待できるのです。

◆ デジタル表示機器が引き起こす現代病 ◆

「頭が重たい」、「後頭部やこめかみが凝る」、「目が疲れやすい」、「ふわふわしためまい」、などの症状はありませんか?
お心当たりがある方は、パソコンやスマホ画面で長時間作業する方に起きやすい「デジタル表示機器が引き起こす現代病」の予備軍かもしれません。
ヘッドケアは、このような疲れに効果を発揮!
常に画面から刺激を受け続けている目や脳の疲れを心地よい刺激で和らげることはもちろん、脳ストレスを緩和することで自律神経の調整や深い眠りをうながします。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*
東京都品川区で、筋肉をマシュマロのようにアプローチするボディケア「スウェディッシュマッサージ」と、頭皮を直接とらえるドライヘッドスパ「頭ほぐし」、のセラピストをしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*